スポンサードリンク


野球肩って?


[症状]

・肩をまわすなどの動作の時、つっぱり感などの違和感を感じる。

[特徴]

・野球肩は、肩関節の周囲に炎症を起こすスポーツ障害のひとつですが、野球肩ではインナーマッスルに炎症を発症するのが大きな特徴です。

・腕を前方にまっすぐ伸ばし、医師がその腕を上方へ押し上げると強い痛みが生じます。
これをインピンジメント症候群といい、この障害の特徴です。

[障害となる筋肉は?]

・野球肩障害でポイントとなる筋肉は、深層にあるインナーマッスルで、
ローテーターカフ(回旋筋腱板)と呼ばれる筋肉群です。
ローテーターカフを構成する筋肉には「棘上筋」「棘下筋」「小円筋」「肩甲下筋」があります。

[原因]
諸説ありますので、痛みの原因は人それぞれという事もあり、参考程度にどうぞ。

1、肩の使いすぎ。→肩の使いすぎでは野球肩にはならないという逆説有り。
使いすぎによる蓄積疲労が大きな野球肩の原因です。
それだけ、投球動作は肩関節に負担がかかっているのです。

2、筋肉の柔軟性と関節可動域低下→インナーマッスルを鍛えても野球肩は治らないという逆説有り。
筋肉の柔軟性の低下、特にインナーマッスルの柔軟性の低下は大きな原因となります。
疲労がたまると筋肉は硬くなり柔軟性が低下します。
すると、肩関節の可動域も低下し、より肩にかかる負担が増大します。
筋肉の柔軟性は肩だけではなく、体幹や下半身の柔軟さも大きく影響します。

3、肩に負担のかかるフォームで投げていないか。
プロ野球選手でもない限り、これを見極めるのはむずかしいと思います。
しかし、
野球肩になる人は、筋肉に負担がかかりやすい投げ方をしている、というのは原因の有力候補かもしれません。
タグ:野球肩
スポンサードリンク

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。